トップ > エアロビクス > エアロビクスと有酸素運動

エアロビクスと有酸素運動

エアロビクスは、猫も杓子もエアロビクスとブームになって騒がれていたような記憶がありますが、今では、有酸素運動のエクササイズとして広く定着してきました。

エアロビクスは、毎年エキジビションの世界大会が行われているので、日本人選手もよく上位に食い込んでいるようです。

プロのエアロビクスの選手がいるのですが、彼らを見ると、誰にでもできる有酸素運動とは思えない、体つきをしています。

まさにそこにエアロビクスの秘密が有るといえるのではないでしょうか?

有酸素運動とは、体内により多くの酸素を取り込むことによって、新陳代謝を活発にし、脂肪などの代謝を促し、さらにはダイエット効果を期待するものです。

言わば人体の自然な代謝機能を活発にする安全な運動だと言われてきましたし、他のスポーツの場合は、記録を争う運動が大半なのに対して、エアロビクスは個人の代謝機能を活発にすることが目的の運動ですから、個人の体力に合った運動が基本なのです。

エアロビクスが有酸素運動に対して、スポーツはほぼ全般的に無酸素運動と言われるものがほとんどです。

無酸素運動とは、筋肉運動を中心として、筋肉にためられた糖質をエネルギー源として行う運動のことですが、筋力アップが目的で、脂肪代謝とは直接的に関係する事はありません。

もし、あなたがダイエットを目的としたエクササイズや運動をしたいのであれば、脂肪を燃焼させるために、酸素を取り込んだ有酸素運動のエアロビクスが、効果的といえます。

ただエアロビクスを続けていき体内の脂肪がなくなってくれば、筋肉の糖質がエネルギーとして使われるようになり、プロのエアロビクスの選手のような体格が出来上がってくることもあります。

有酸素運動もも無酸素運動も最終的には同じような効果が期待できると思いますが、そこに至る過程によって、安全性や効率性が随分違ってきますので、各自にあったエクササイズをおすすめします。

この記事のカテゴリーは「エアロビクス」です。
近年有酸素運動として定着してきたエアロビクス。ほとんどの運動やスポーツが無酸素運動なのに比べて、エアロビクスは体内により多くの酸素を取り込むこと有酸素運動によって、新陳代謝も活発にするので、脂肪などの代謝を促し、さらにはダイエット効果を期待できます。
関連記事

エアロビクスと有酸素運動

エアロビクスは、猫も杓子もエアロビクスとブームになって騒がれていたような記憶があ...