トップ > 腰痛改善キャットエクササイズ > 腰痛改善キャットエクササイズ

腰痛改善キャットエクササイズ

腰痛改善キャットエクササイズというエクササイズを紹介します。

猫のようなポーズをするからキャットエクササイズだと言うのでしょうが、このエクササイズを行う前に、以下の注意事項に気をつけてください。

・手順通りに行わなくてもいいので、マイペースに痛みが出ない、無理をしない範囲で行ってください。

・痛みがひどい場合は、腰や体に負担をかけないようし、安静にして寝たり、コルセットをしてください。

・あまり体を動かさないでいると、代謝が悪くなり、筋肉が固まり動きにくくなるので、腰痛の痛みが少ないときは、動かせる範囲で体を動かすことも大事です。

・腰に負担が来る姿勢は座っている姿勢ですし、腰に体重がかかってしまうため負担も大きくなるので、立ち姿勢も同様です。

・また、一番腰に負担がない姿勢は寝ている姿勢です。寝ながら深呼吸したり少し体を動かしてみると腰に負担がかからないのでいいと思いますので、これも無理がない範囲で続けてください。

・四つんばいになると腰への負担が少ないので、この姿勢も有効です。

この四つんばいの姿勢で行うエクササイズキャットエクササイズと言います。


このキャットエクササイズを行うと、背中や首や肩など伸ばしたいところが伸びるのでコリや痛みに効果がでます。


腰痛改善キャットエクササイズ

1.深く深呼吸をし、息を吐きながらゆっくり四つんばいの姿勢になり、膝と手を付き両手脚を肩幅に開きます。再度深呼吸をし、体中に酸素を送り込む感じにします。

2.ゆっくりと息を吐きながら、腰を反らし、あごを上げて、お腹を落とすようにします。 
この状態を5秒ほど続けます。

3.ゆっくりと息を吐きながら、頭を下げ、腰を上に丸め、お腹を上に上げる感じにして5秒ほどこの状態を続けます。

4.2~3の体操を計3往復繰り返します。

5.2と同じ動きをします。

6.深呼吸をします。

7.この体勢のまま、息をゆっくり吐きながら両肩を左に動かしていき、腰は右に動かします。

8.左ヒジを少し曲げながら、右肩を左上の方に、腰を右下の方に動かし体を伸ばしていきます。5秒ほどこの状態を続けます。

9.息をゆっくり吐きながら両肩を右に動かしていき腰は左に動かしていきます。右ヒジを少し曲げながら、左肩を右上の方に、腰を左下の方に動かし体を伸ばします。この状態を5秒ほど続け、5の体勢に戻ってください。

10.3の体勢にして深呼吸をします。

11.この腰を上に丸めた体勢のままで、息を充分に吐きながらゆっくりと、両肩を左に動かしていき、腰は右に動かしていきます。そして、左ヒジを少し曲げながら、右肩を左上の方に、腰を右下の方に動かし体を伸ばします。5秒ほどこの状態を続けます。

12.次に、息を充分に吐きながら、ゆっくりと、両肩を右に動かしていき腰は左に動かしていきます。そして、右ヒジを少し曲げながら、左肩を右上の方に、腰を左下の方に動かし体を伸ばします。5秒ほどこの状態を続けます


1~12を1セットとし、朝晩1セットずつやってください。

この記事のカテゴリーは「腰痛改善キャットエクササイズ」です。
腰痛改善キャットエクササイズは、背中や首や肩など伸ばしたいところが伸びるのでコリや痛みに効果がでます。簡単なエクササイズなので、このエクササイズが体に合うようであれば、続けてみるとよいでしょう。
関連記事

腰痛改善キャットエクササイズ

腰痛改善キャットエクササイズというエクササイズを紹介します。 猫のようなポーズを...